美味しいものさがしグルメ日記(庶民の味中心)

立ち食いそば、駅弁、スーパーグルメ、レトルト食品、即席食品など庶民の味を中心に美味しいものを紹介します。また皆に惜しまれて今は販売されていなかったり、入手困難な食品にも焦点をあてたいと思います。

(最新更新日:2022年7月2日 掲載日:2021年9月29日)

記事中の人物名・社名などは特別な事情がある場合をのぞき原則敬称略で記載しております。

立ち食いそば、駅弁、スーパーグルメ、レトルト食品、即席食品など庶民の味を中心に美味しいものを紹介します。また皆に惜しまれて今は販売されていなかったり、入手困難な食品にも焦点をあてたいと思います。

タウンクリニックドットコム・時代分ネット運営者概要タウンクリニックドットコム・時代分ネット管理サイト一覧


※サイトタイトル画面は「知る人ぞ知る横川駅の峠の鳥もも弁当」です(撮影:サイト制作者本人)。タイトル画面を含む当サイト内の画像や文言、デザインはサイト制作者による制作、またはご協力者様から提供いただいたものを使用しております。無断で転用、転載することを固く禁じます。

ブログネタ
おうちグルメ、庶民の味中心のグルメ情報 に参加中!
ご存知のように今年の暑さは尋常ではありませんが、そんな時に少しでも食欲を増進させるには、個人的にはちょうどいいと思っている食べ方を紹介します。

※なお体調や健康上の理由で食べることが困難な方がいること、また好みには個人差があることをご承知おきください。そして参考にされるかどうかはご自身で判断していただくようお願い致します。

これは私が子供のころから大阪の家ではよく食べていた食べ方です。
関西の方にとってはごく普通に食べている方も多いと思います。

内容は表題のとおりです。
当時大阪の私の父の実家では、夏に暑さで夏バテ気味になってくると、決まって「お昼はおそうめんにしようか」ということになりました。

通常は干しシイタケなどでとっただし汁にしょうがを加えて食べる、いわゆる普通の食べ方をしていましたが、たまに「朝鮮漬」と一緒に食べる、食べ方をしていました。

実はこれがすごく美味しくて、今でも機会があったら食べたいと思う食べ方です。
「朝鮮漬」というと「キムチ」ということになりますが、当時は他の大阪の家がどうだっかは定かではありませんが、実家ではそうめん用にリンゴなども一緒に漬け込んだ「そうめん用朝鮮漬」というのを常備していました。「そうめん用朝鮮漬」は、一般的にスーパーなどで売っている「キムチ」とはかなり違う感じのものです。

でも家で普通にスーパーで売っている「キムチ」を同様に一緒に食べてみたら、濃さや辛さは若干は違いましたが大きな差はなく、結構美味しく食べられました。

付け汁に入れても、麺に添えてもどちらでも、お好みで大丈夫だと思います。
また「そうめん」だけでなく、「冷や麦」や「うどん」でも大丈夫だと思います。

大丈夫な方は試されてみてはいかがでしょうか?

この食べ方が関西だけの食べ方かどうかは不明ですが、一応分類的には関西(大阪中心)の地域分類にしておきます。

ブログネタ
駅や街の立ち食いそば・うどんなど(含む閉店) に参加中!
この店は京王線の高幡不動~調布あたりに住んでいた人の多くはご存知だと思います。
電車を降りた時にすぐわかるくらい、駅中にそばつゆのいい香りがそれこそ、充満していました。

真っ黒い濃い色の汁(意外にあっさりしています)、中太で濃い色のそばが大好きでした。
かけそばでも十分美味しかったのですが、たまに奮発するときは贅沢系ではたぬきと山菜がたっぷり乗った「山菜そば」、またこれは後述にもありますがわりと頻繁に注文した、カレー味のコロッケの乗った「コロッケそば」が好きでした。ちなみに関東では珍しく「たぬきそば」というメニューはありませんでした。またいずれにしてもうどんを食べた記憶はありません。

中学時代はどこかに行くと、帰りにわざわざ下車して食べていました。当時は90円~100円くらいという記憶があります。また高校時代は野球部だったので下校時は腹が減り、帰りに一般的な調布から特急で府中乗換をせずに、わざわざ急行で分倍河原で下車して食べていました。就職後は職場が立川で、国分寺でアパートを借りるまでは、毎日分倍河原で南武線に乗り換えるので、朝などは頻繁に例の「コロッケそば」を朝食代わりに食べていました。

おぼろげな知識ですが、たしかこのそば店は深大寺そばの老舗「門前そば」の直営店だったと思います。(確証はありませんんので・・、違うかもしれません、悪しからず・・)

また会社員になって職場が立川なのに、たまたま用事で調布の国領に行く機会が多くなりました。すると何の縁か、実は国領駅の北口にも当時「門前そば」が出店していました。改札内ではなく北口の改札を出たところです。国領は調布の次に市内で栄えているところで、今は地下化されていますが、以前は地上の結構しょぼい駅で、最近までは各駅停車しか止まらない駅でした。でもよく考えてみたら、深大寺にはかなり近い駅で、理にはかなっているかもしれません。
またこれは最近までは確認していますが、千歳烏山の北口の広場や区民センターみたいなところを抜けて5分くらい歩くと、「門前そば」という立ち食い店舗がありました。今はどうなっているのでしょうか?でも今は逝去された仕事の相棒(当時烏山や八幡山に在住でした)と一緒に食べに行ったことがありますが、正直いうと分倍河原のとは少し違うように感じました。(気のせいかもしれませんが・・)


最初から整理すると・・
私は昭和49年夏に東京の府中に引っ越してきました。駅は中河原で、表題の分倍河原のとなりです。地元では分倍河原は「ぶばい」と呼んでいました。今でもその呼び方が抜けません。

その中河原に居住以来、就職して立川勤務の3年目の昭和63年までは特にお世話になりました。
その後国分寺のアパートに引っ越し、さらに結婚した平成6年初頭は小金井のアパートに住んでいましたが、結婚後もたしか年末に中河原の実家に帰る時に、必ず特別販売の年越しそば用のセットを立ち食いそば店の店頭で買っていたので、多分平成10年前後に閉店したのでは?と思われます。

下記に分倍河原の立ち食いそば事情を一般市民目線で見た、印象を記載しますが、正確な事情はわかりません。また前述の時期のどこかで、私が馴染んでいて大好きだった「門前そば」は撤退して、京王電車直営の「高幡そば」に変わってしまいました。下記「連絡改札口の設置」の事情と「高幡そば」に変わったのはどちらが先かは正直忘れました。

分倍河原駅というのは国鉄南武線と京王線がクロスする乗り換え駅で、結構な乗り降りがあります。京王線は急行の停車駅です。(今は準特急も停車します)
というのも、当時分倍河原駅は京王線の駅員しかいなく、当時の国鉄の駅員はいなかったはずです。
ですので、国鉄の改札がなく、国鉄から京王線に乗り換える間に改札口が存在しませんでした。
しかも関東地方ではまだ改札の多くは自動化されていませんでした。

とすれば、すぐ想像がつくと思いますが、どちらかの定期券を持っていれば~~ということです。

これは国鉄も、京王電鉄もどちらも認識していたと思いますが、何らかの理由で遅れていたのかもしれません。

ところが改札の自動化とともに状況が一変、分倍河原にも連絡改札口が設置されました。
それがどう影響したのかはわかりませんが、そのころに立ち食いそば店は撤去された、と記憶しています。改札口と「高幡そば」に変わったのがどちらだったのかは、おぼえていません。

個人的には残念ですが、社会情勢や事業者の都合もあるので、しょうがないと思っています。

あとちょうど10年くらい前に仕事(自営)の関係で福島県のいわき市にいくことが多くなり、行き帰りの常磐線でたまたま下車して食べた、水戸駅と勝田駅の立ち食いそば(それぞれの経営元は別かもしれません・・)が偶然表題の「分倍河原駅の門前そば」に似ていると個人的に感じました。その時もよく水戸や勝田で降りる、というスケジュールで行動したことがあるくらいです。

この両駅の立ち食いそばも今はどうなっているか、はわかりません。
こちらは写真も撮ったのであらためて機会があったら掲載したいと思います。

ブログネタ
おうちグルメ、庶民の味中心のグルメ情報 に参加中!
これは料理のうちには入らないかもしれません。
また私の家系では小さいころから当たり前のように食べていた惣菜です。

ちなみに私の家は両親とも北陸・金沢が本家で、育った場所は中国や関東、関西の時期もありましたが、食文化はほぼ北陸か、現在も親戚が多く住む関西です。

でも表題の食べ方はどこの食べ方なのかはわかりません。
少なくとも東京出身の家族は知りませんでした。

作り方は「超簡単」です!

しらす干しにみょうがを和えるだけです。
そしてしょうゆか、ポン酢をかけて、ご飯に乗せたり、混ぜたりしていただきます。

もとからしらす干しは長ねきやしょうがと和えると美味しいですが、この「しらす干し&みょうが」にも同じように前述の長ねぎやしょうがを加えると、さらに美味しくなります。

みょうがは栄養は知りませんが、独特の香りがあり、食欲を増進すると個人的には思っています。

今が旬の時期です。
他にも美味しい食べ方はあると思いますが、もしよろしければお試しを・・。

※ご承知とは思いますが、嗜好や好みは個人差があり、また一部の方は体調や健康の問題も抱えていると思われますので、あとはご自身の責任においてご判断していただくよう、お願い申し上げます。

またこの食べ方が北陸地方だけの食べ方かどうかは不明ですが、一応分類的には北陸地方の地域分類にしておきます。

ブログネタ
駅弁(今は販売終了のものも含む) に参加中!
この駅弁と出会ったのは偶然です。
正確な時期は忘れましたが、私が食べたのは多分1978~1979年ごろだと思います。
私は高校では野球部だったので、春~秋のハイシーズンは土日は毎週のように練習試合があり、夏はほぼ毎日練習や試合です。でも秋~春は土日に練習試合が入ることはほとんどなく、府中駅南口前のジャンボ(当時の地元民の呼称で西友府中店)の入り口の「たい焼きなどを売る店」でバイトしていました。つまり、そのバイトをする以前の土日が比較的ひまだった高1の秋~冬の時期だったと思います。

近所の中学時代の鉄道好きの友人と急に思い立って、最低区間きっぷで首都圏を大回りするという、当時の国鉄の「近郊区間」のルールに基づくい1日のミニ旅行に行ったことがあります。その時にちょうど昼ぐらいに千葉県の佐倉駅で下車して乗り替えました。その時にお昼ごはんとして購入したのが表題の駅弁「焼き鳥弁当」です。当時は大体400円前後の値段だったと思います。

正確さを期すためにネットで情報を調べてみたら、やはり首都圏で販売されていた駅弁の中では、それなりに有名な名物駅弁だったようです。私の記憶では「ほか弁」みたいに、ご飯に大きなてりやき系のタレがたっぷりかかった鶏肉が乗り、横には漬物が添えてあるシンプルな内容だったと思います。漬物は緑色で、たれの茶色っぽい色と漬物の緑色が今でも印象に残っていて、映像が焼き付いています。

空腹だったせいもあるのでしょうが、とにかく美味しかったのをおぼえています。

駅弁サイトや時刻表などでの情報では、かなり前に販売を終了してしまったようです。
ちなみに販売していた業者は「いせや」※参考というところみたいで、今でもネットには事業者情報が掲載されていますが、現在営業しているかどうかは、まったく不明です。

でも当時はすごく美味しかったのだけはよくおぼえています。
もちろんかなり昔の話なので、写真もなく、掛け紙などもありません。
悪しからず・・

※ご承知とは思いますが、嗜好や好みは個人差があり、また一部の方は体調や健康の問題も抱えていると思われますので、あとはご自身の責任においてご判断していただくよう、お願い申し上げます。

★ここに記載している記事は基本的にはオリジナルの内容ですが、記事の正確さを目指しているので年次など確定事実については一部はネットの他サイトや公共の公開情報を参考にしていますことをご承知おきください。

※参考
ウェブサ
イト「駅弁資料館」

ブログネタ
【公式】おうちごはん教えて! に参加中!
昔サラリーマン時代に東京の立川に7年間勤務していました。
商売がら、昼食は交代で10分くらいしか取れず、皆多くは近くのそば屋さんで出前をとっていました。若かったので、いつもはかつ丼が多かったのですが、たまに「ごまだれうどん」というのを注文しました。

実はその店の名物だったのです。
もちろんどこの店にもあるようなメニューで、今はその店があるかどうかも、仮にあったとしてもそのメニューがあるかどうかもわかりませんが、絶品でした。すごくおいしくて、スーパーですりごまを買ってきて家で作ろうと色々試みましたが、当時は作れませんでした。

さて前置きが長くなりましたが、これもかなり前からある商品で、簡単に手に入りますが、スーパーなどで売っている「しゃぶしゃぶ用のごまだれ」を使うとそっくりの味の「自家製ごまだれうどん」が作れます。

「そんなの簡単だし、知っているよ」
という方も多いと思います。

ただ個人的には「しゃぶしゃぶ用ごまだれ」はドレッシングに使うことはたまに聞きますが、その他には本来の目的以外に使うことはあまり聞いた話はなく、これをめんつゆにするという発想は私はあまりありませんでした。

作り方は簡単!

・市販の「めんつゆ」を適度な濃さにうすめて少々作る。
・市販の「しゃぶしゃぶ用ごまだれ」を上から足す。
・ネギ、わさびを少々。
・麺(そうめんでも可)を茹でて、冷水で洗う。
※汁はごまだれだけでも、めんつゆの量も自由に調節すればお好みの味にできます。

できあがりです!

レシピというよりはそのまんまです。
もし初めて聞いた方はぜひお試しを!

簡単で美味しいです。
特にこれから暑い季節で、ごまは栄養価が高いようなので、暑さ負け予防にも!

ブログネタ
おうちグルメ、庶民の味中心のグルメ情報 に参加中!
酒井商事の肉かす
酒井商事から取り寄せた、肉かすで実際に色々と料理してみました。
料理といっても私は料理は完全に素人、さらに写真も素人もいいところで、お見苦しいと思いますがご辛抱ください。

ただ味はどうだったか?というとすごく「美味しかった!」です。
もちろん私のような素人でも簡単に調理できるものや、すでに加えるだけ的なものです。

またもうひとついえることは、
「すごく簡単に作れます!」
ということです。

この「美味しかった、簡単に作れる」は上にバナーがあるように、私のサイトに掲載のご協力をいだいているからではなく、本当にそう思いました。
今回は焼そば・回鍋肉(ホイコーロー)、肉かすうどん、豚汁を作ってみました。
ちなみに通常使う「豚肉」のかわりに「肉かす」を使って作りました。

・焼そば
酒井商事の肉かす入り焼そば

肉かすレシピの定番で、「富士宮の焼そば」は有名です。
家庭でも豚肉の代わりに肉かすを使うだけです。
肉かすは少量でも、油とコクなど肉の持つ特性と味わいを演出してくれます。
安売りの焼そばセットを使用しましたが、本当においしかったです。

・回鍋肉(ホイコーロー)
酒井商事の肉かす入り回鍋肉(ホイコーロー)
これも市販の素材に加えるだけの簡単な素を使いました。
肉かすの他は、 野菜はキャベツ、ピーマン、長ネギ(青い部分)、にんにくを使いました。
肉自体が好きな方は、少々物足りないかもしれませんが、野菜が好きな方にはコクや油分は十分なのに、中身は野菜中心と、まったく通常のものとくらべても味わいはほぼ一緒に感じました。
「ごはんが進みます!」

・肉かすうどん
酒井商事の肉かす入り肉かすうどん
ふつうのいわゆる「かけうどん」のようにワカメ、長ネギ、七味唐辛子しか使っていません。
うどんを入れて煮込むときに、肉のかわりにやはり「肉かす」を少々入れるだけです。

以前東京競馬場の名物「肉うどん」は最終レースの終わった時くらいになると、昼時などはあらかじめすぐだ出せるように用意して載せていた肉だけを終わり間際に取り除いて「かけうどん」として販売しているのをよくみかけました。ところが肉をそれなりの時間載せていたので、肉がなくても肉の出汁が残っていて、味は「肉うどん」と同じような味わいで少し得した気分になったことがたまにありました。

つまりその出汁の役目をするのが「肉かす」になります。
少量の「肉かす」を入れるだけで、「肉うどん」とほぼ同じ味わいを出すことができます。
昔牛丼屋でバイトしていた時も思いましたが、肉の出汁はスジや脂肪分などが多いところのほうが美味しく、「肉かす」はその役目をするのには最適な素材です。
「これはおすすめです!」
一度試されてみては?と思います。

他に写真はありませんが、「豚肉以外の具は豚汁」のような味噌汁を作り、「肉かす」を少々入れて煮込んでみましたが、やはり同じ効果がありました。つまり「豚汁」とほぼ同じ味わいでした。
これも手軽に作れて、とても美味しかったです。特にうちの家族は肉そのものは比較的苦手なのですが、肉出汁や味付けは好きで、そんな方には最適かもしれません。(もちろん肉かすの入れ過ぎに注意ですが・・)

まだ他にも色々試してみたい食べ方がありそうです。

それから今後は同時に取り寄せた「鶏油」や「焚きラード」も色々試してみたいと思います。

★3月15日に別サイト「タウンマイドットコム」に掲載した「肉かすの酒井商事の紹介」記事は下記のバナーをクリックまたはタップするとご覧になれます。


★酒井商事オフィシャルホームページ


※嗜好や好みは個人差があり、また一部の方は体調や健康の問題も抱えていると思われますので、あとはご自身の責任においてご判断していただくよう、お願い申し上げます。

ブログネタ
おうちグルメ、庶民の味中心のグルメ情報 に参加中!
これは「おうちグルメ」や「お取り寄せグルメ」とは微妙に違うかもしれませんが、結局家で食べるものだし、よく探せば「お取り寄せ」での入手手段があるかもしれないので、あえて記載します。このブログ最初の記事でまだアクセスがそんなにない時期に書きたかったので個人的にはちょうどいいかもしれないと思っています。正直あまり広く知られたくはないからです。もちろん写真もありません。

2015年に能登半島を旅行した時に出会った食べ物が表題の食品です。
名前も様々なようで「青のりわさび」「わさび青のり」「わさびのり」などがあるようです。
また調べてみた範囲では他の地方でもありそうなのに、ネット上ではほとんど存在していないようです。当時写真を撮ったつもりでしたが、現状さがしても見つからないので、写真なしでの紹介です。

小瓶に入った海苔のつくだ煮なのですが、一般的には海苔は通常の茶色~黒っぽいものがほとんどなのに、このつくだ煮はおそらく青のりか、青さを使用しているようで鮮やかな緑色です。味も口に入れた瞬間に青のりや青さのような香りが広がります。またさらに通常の海苔のつくだ煮のわさび入りのものより、はるかにわさびの風味が強く、食欲をそそります。

最初にこの食品に出会ったのは、ちょうどその旅行で宿泊した和倉温泉の旅館「美湾荘」での食事でした。
「あれっ?、青っぽい海苔のつくだ煮?」とそれくらいしか、感じませんでした。そこでは名前は「わさびのり」でした。
食べてみても最初は通常の海苔のつくだ煮とは大差はないので、それほど感動はありませんでした。
ただ食べているうちに、青っぽい海藻特有の「潮の香り」のような風味とわさびの相性がよく病み付き気味になってきました。

翌日観光バスで能登半島めぐりをしました。
実は私は両親の本家が金沢だったので、今でも金沢市を中心に石川県内にたくさん親戚が住んでいて、能登では父親のいとこで私自身も小さなころから色々と気遣ってい貰っていた親戚(今でも家族同士の付き合いがあります)は志賀町(以前は富来町の巌門のあたり)で観光客用のドライブインを経営しています。能登は今回が初めてではありませんが、観光目的で行くことはあまりありませんでした。

そんなこんなでバスは出発し、私の親戚が住む巌門も周りましたが、やはり目玉は「輪島朝市」です。
私は輪島は約30年前の真冬以来です。その時は友人と一緒でしたが、朝市通り沿いの民宿に泊まり、朝起きるとすでに賑やかな市が始まっていました。

久しぶりの朝市は、今度は真夏でした。
私は海産物の知識(青のり系が季節限定かどうか?)はあまりないので、それがよかったのかどうかはわかりませんが、猛暑の中で観光していると、あちらこちらの売店に和倉の旅館で食べた、あのおいしかった「青っぽいわさび海苔」があるではありませんか。
しかも多分この朝市で一番目立つくらいでした。
実際に食べたことのない人は「海苔の色がちがうつくだ煮」くらいにしか考えなかったのか見向きもしない人もたくさんいました。
ところが私のようにすでにあのおいしさを知っている人は違います。
しかも旅館で売ってた値段よりはるかに安く、店によっては小さな瓶詰め2個で500円くらいで販売していました。
暑くて熱中症寸前のような状況で、はたしてこのような食品を無事に東京に持ち帰れるか?とも思いましたが、とりあえず2個買って、同行者と1個ずつ分けました。

個人的にはもっと買いたかったのですが、他の観光地や金沢でも近江町あたりに行けばそこそこ置いてあるだろう、とたかをくくっていました。

ところが他の観光地では目にする機会は金沢に近づくほど減り、結局翌日近江町でもほとんど見つかりませんでした。

持ち帰った「青のりわさび」は美味しいので家族と一緒にすぐ食べてしまいました。

私は法事など家の用事で定期的に金沢にいく用事があります。
その後も金沢に行くたびに近江町や、丸越、地元スーパーなどで「青のりわさび」を必死にさがしましたが、ほとんど見つからず、わずかに近江町で見つけたものは、輪島の値段の2~3倍の値段でした。

もっとたくさん買っておけば・・。
せめて瓶詰めの写真を撮って保存しておけば・・。
後悔先に立たず・・、です。

結局愚痴っぽくなってしまいましたが、個人的には本当においしい食品で、本物の青のりでも青さでも私にとってはあまり問題ではなく、きっと焚き方としょうゆや砂糖の加減や、わさびのさじ加減がちょうどいいのだと思います。私が買った小瓶も、製造者は輪島の一海産事業者の苗字が印字してあり、多分地元の漁師や農家の主婦たちが手作り同然で製造して朝市などで販売しているのではないかと思っています。

まったく行ったことのない地域でもないのですが、近年にない大きな発見でした。
隠れた名物グルメだと感じています。

↑このページのトップヘ